20.04.28

ラブホテルの料金システムの違いとは?

ラブホテルを利用する時、料金の違いで迷うことありますよね。
「ショートタイム」「休憩」「サービスタイム」など様々な料金が記載されていて、どれを選べばいいかわからない。この記事では、各料金の違いを解説します!

 

ラブホテルの料金体系は大きく4つ

ラブホテルの利用料金体系は大きく分けて「ショートタイム」「休憩」「サービスタイム」「宿泊」の4つです。
それぞれの時間と特徴を、ホテル現代楽園伊勢原店を参考に紹介すると

1.ショートタイム
短期集中の時に

 

2.休憩
少しのんびりしたい時に

 

3.サービスタイム(フリータイム)(時間帯の中で無制限)
たっぷりラブラブしたい時に

 

4.宿泊
深夜帯や、一晩中一緒にいたい時に
と分けられます。

 

また、各料金ではそれぞれ利用できる時間帯が決まっていて
例えば休憩は、
土・祝前日・特日の6〜25時の中で、4時間まで。

サービスタイムの場合は、
月〜金の6〜18時(1部)の間ならフリータイムで滞在できる、という違いになっています。

場面別で当てはめてみると、
「一緒にいられるのが3時間」の場合は、
→休憩

「お昼から夕方まで6時間いられる」場合は、
→サービスタイム

と使い分けられるでしょう。

また、どの料金体系で利用しても、もし時間が足りなくなった場合は、
「延長」することも可能なので、内線で電話して延長料金など問い合わせしてみましょう。

ホテルによって時間帯や滞在時間、金額が異なりますので、サイトの案内を確認してみてくださいね。

ラブホテルの料金の支払い方法は?現金orクレジットカード?

1万円札とクレジットカード

支払い方法は、各ホテルによって異なりますが、
・チェックイン時にフロントでの支払い
・退室時に部屋で精算機での支払い
のどちらかがほとんどです。

入り口で支払う場合は、
パネルからRoomNoを選択して、その金額を支払います。

支払いの機械は、入室してすぐのところにあることがほとんどです。
また、精算機での支払いは、
一万円札でも基本的に大丈夫なので、
あらかじめ細かいお札に両替しておく必要もないでしょう。

最近では、クレジットカードを使えるところも増えていますが、お金がなくて失敗しないように、ホームページでクレジットカードが使用できるか確認しておくと安心です。

メンバーズカードは作った方がいい?

最近はラブホテルを利用すると「メンバーズカード」の案内があることがほとんどですが、実際入会した方がいいのでしょうか?

いくつかのホテルのメンバーズ特典を調べてみたところ、
・会員価格に割引された料金で利用できる
・ウェルカムドリンクなど特典を利用できる
・誕生日など記念日にはホテルからのサービスを受けられる
などが多いようです。

他にも会員限定のメニューなどもあるようなので、
同じラブホテルを利用することが多いようでしたら、会員になった方がお得かもしれないですね。

ほとんどのラブホテルで無料でメンバーズカードを作れるので、ぜひ作ってみてください。

ラブホテルは予約出来る?

スマートフォンを操作する女性

そして、ラブホテルを利用する際に困るのは、「いざ行ってみたけど、空室がない時」です。

ホテル現代楽園伊勢原店では、休憩と宿泊ならあらかじめ予約が出来るので、安心して利用出来ます。

最近では、ラブホテルでお泊り女子会をするのも流行っていますが、そういった際には特に、予約が必須ですよね。
また、男性が一人でビジネス利用することももちろん可能ですので、出張先で近くにビジネスホテルがない場合でも、あらかじめ予約して宿泊することが出来ます。
ホテルごとに予約の可否、予約方法は異なるので、ホームページであらかじめご確認ください。

まとめ

以上、ラブホテルの料金について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
滞在時間に合わせて選べて、予約も可能。
会員になるとさらにお得なラブホテル。

恋愛に集中して、ショートタイムの利用もよし、部屋のテレビで映画が見られる場合もあるので、サービスタイムや宿泊でのんびりと過ごすのもよし。 楽しみかたは様々です!

この紹介で、今までより楽しいラブホライフが送れたら幸いです!

Reservation当店では、「ご休憩」「ご宿泊」のご予約を承っております。
Room Gallery「スイート」・「シティ」・「ナチュラル」・「アジアン」と4つのコンセプトからなるお部屋をご紹介。
ご予約 お電話 アクセス