ホテル現代楽園伊勢原店の外観
19.03.12

ラブホに見えないモダンな佇まいが魅力のホテル

進化と変化が目覚ましい業界

かつてはラブホテルと言えば国道沿いに多数あり、人目に付かずに部屋に入れるように車で乗り入れ、部屋選びもパネルなどを見てお気に入りのタイプを選び、ホテルスタッフと顔を合わせることなくチェックイン、チェックアウトができるということが重視されていました。 けれど、昨今はパートナーズホテルといった呼び方がされることからもわかるように、いかにもといった外観や設備はむしろ敬遠される傾向にあります。 そのため、おしゃれなラブホテルが急増しているのが、この業界に起こっている一大変化と言っていいでしょう。

コンセプトはモダンリゾート

パートナーズホテルという呼び方に変わってきたころから、都市部の人が多く行きかうところにもラブホテルがたくさんあります。 ただ、国道沿いにあるようなネオンサインがギラギラ輝くような建物やまるでお城のような非現実的な建物ではなく、見た目にはごく普通のモダンでスタイリッシュなホテルに見える建物となっているのが、都市部にあるホテルの特徴です。 厚木・伊勢原で人気のホテル現代楽園のコンセプトはモダンリゾートであることから、リゾート感あふれる落ち着いたおしゃれな内装や設備を整えているため、知らない人が見ればとてもラブホテルとは思えないでしょう。 部屋は窓が大きく取られ、芝生を敷いたテラスにはリゾート地を思わせるテーブルとチェアが置かれており、まさにリゾート地のホテルそのものです。

選べるリゾートの雰囲気の違いが楽しい

モダンリゾートをコンセプトにしているだけあって、ホテル全体にリゾート感が漂っていますが、ナチュラルモダンリゾートの内容を3つに分けて、飽きることなく利用してもらえるように工夫しています。 シティリゾートにナチュラルモダン、さらにアジアンリゾートの3つの異なるコンセプトが作り上げられているため、選ぶ楽しみがあるのも魅力です。 また、大きなテラスと露天風呂付きのスイートルームは、広々としたベッドルームの他にもすべての部屋が広く、そしておしゃれなしつらえになっていることから、ぜひとも泊まってみたい部屋と言えます。 しつらえ料金の安さにびっくり これほど充実したスイートルームともなると、かなりの値段がするのではと思いがちですが、金・土・祝前実及び翌日が休みの日であれば24900円、ウィークデーなら18900円(いずれも税別)という、思わず目を疑ってしまうほどのリーズナブルな料金となっています。 ここは一つ、ラブホテルという固定観念を捨てて、女性同士や家族でも泊まってみたい素敵なホテルです。
Reservation当店では、「ご休憩」「ご宿泊」のご予約を承っております。
Room Gallery「スイート」・「シティ」・「ナチュラル」・「アジアン」と4つのコンセプトからなるお部屋をご紹介。
ご予約 お電話 アクセス